本文へ移動

院外処方せんについて

院外処方せんについて

病院でお渡しするのと同じ薬が、近くの薬局で作ってもらえます。この制度を院外処方といいます。

病気になり医師の診察を受けたあとに、病院・診療所で薬のかわりに“処方せん”が渡されます。 処方せんには薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。この処方せんを街の保険薬局にもっていくと、 薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。患者さまには、処方せんと引換えに薬が渡されます。このように医師は診察・治療を行い、薬の調剤は薬剤師が行うことを「医薬分業」と言います。

医療の高度化とともに機能分化が進み、様々な専門分野があります。 それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。 「医薬分業」も、医師と薬剤師が協力して薬をより安全に使っていただくための制度です。
薬だけほしい場合は、お医者さんに行かなくても薬局で調剤できますか。
「処方せん」をもらったときは‥‥‥薬を扱う店ならどこでも、処方せんで調剤してもらえますか?
処方せんは、代理の者が持って行っても調剤できますか。
処方せんを薬局に持って行くと調剤の前にいろいろ聞かれますが、なぜですか。
調剤のあとで、薬の名前や効能・効果を書いたメモを渡されることがありますが、なぜですか。
薬局へファックスで処方せんを送ることができると聞きましたが。
どんな薬局を選べばよいのでしょうか?
「かかりつけ薬局」のメリットは何ですか?
「基準薬局制度」ってなんですか?
医療法人十字会野島病院
鳥取県倉吉市瀬崎町2714-1
TEL.0858-22-6231
FAX.0858-22-6843
代表メールアドレス:
info@nojima-hospital.or.jp
──────────────
【受付時間】
午前8時30分〜午後4時
【診療時間】
午前(各診療科外来):
午前9時〜正午
午後(総合外来・眼科):
午後2時〜午後5時 
【休診日】
土曜日、日曜日、祝日
お盆(8月14,15日)
年末年始(12月31日,1月1,2,3日)
──────────────
【診療科目】
脳神経外科外科肛門科整形外科消化器科内科・循環器科・心臓血管外科・神経内科精神科心療内科泌尿器科眼科耳鼻咽喉科形成外科・麻酔科・放射線科リハビリテーション科・婦人科
0
0
2
0
5
1
TOPへ戻る