本文へ移動

倉吉市病後児保育室 すくすく園

倉吉市病後児保育室「すくすく園」

倉吉市病後児保育室「すくすく園」のご案内

 子育てと就労の両立支援の一環として、病気の「回復期」にあたり、保育所や幼稚園などにおいて集団生活での保育が困難なお子さんを一時的にお預かりするのが病後児保育室「すくすく園」です。
 平成8年度からスタートし、現在まで感冒・インフルエンザ・水痘・おたふくかぜなどの回復期にあるお子さんの利用が多くありました。病気の子供を預けて働くということに対して、不安な保護者の方の気持ち、またお子さんの心細い気持ちを受け止めながら子育てのお手伝いができるよう安心してまかせて頂けるすくすく園を目指して頑張っていますので、どんどん利用していだだきたいと思います。

すくすく園 病後児保育利用判断基準

病後児保育室では、事前に医療機関を受診されておらず診断が明確でない場合は、受け入れをお断りしています。  

病   名

症状のめやす

インフルエンザ

平熱(36℃台)になり2日を経過している

麻疹

解熱後3日を経過している

風疹

解熱し、発疹が消失している(発疹出現後3日程度)

水痘

解熱し、状態が悪くない場合

おたふくかぜ

解熱し、状態が悪くない場合

感染性胃腸炎
(ノロウイルス・ロタウイルス等)

嘔吐、下痢が消失し1日経過している

流行性角結膜炎

眼脂・流涙などの症状が消失している(発症から2週間経過)

咽頭結膜熱(プール熱)

解熱後2日を経過し、眼脂・流涙がほぼ消失している

溶連菌感染症

適切な治療を前日までに開始していて体温が38℃未満

突発性発疹

診断がくだされ、解熱している

ヘルパンギーナ

解熱して食事が摂取可能である

手足口病

解熱して食事が摂取可能である

とびひ

発熱がなく、状態が悪くない場合

百日咳

特有の咳(レプリーゼ)がなく薬剤を最低5日間投与されている

外科的疾患

一般保育所での保育が困難な場合

 

一般的症状

38℃未満

食欲

半分程度は摂取できている

 

・解熱後とは、原則として(解熱剤の使用なく)37℃台に解熱したことをさします。

・利用基準は上記によりますが、かかりつけ医師の意見を尊重します。

・状態が急変した場合、連絡させて頂きお迎えをお願いすることもありますがご了承ください。

ご利用案内

利用対象 倉吉市、三朝町、湯梨浜町、北栄町の住所。保育所、幼稚園、認定こども園、届出保育施設に通っている乳幼児及び、小学校1年生から3年生の児童
利用時間 午前8時から午後5時30分
休園日 日・祝祭日・年末年始(12/31.1/1.2.3)・お盆(8/14.15)
利用料金 500円(税込み)/日
(食事・おやつ・布団リース代含む)
(生活保護・市町村民税非課税世帯は無料)
持参していただくもの 着替え・おしぼり・ナイロン袋・おしめ・食事用エプロン(必要な方のみ)
乳児の方は、ミルクをお願いします。
預けられる場合、必ず病院で診察をお受けになり、お薬をお持ちください。

お申し込み先

●倉吉市病後児保育室
「すくすく園」
 電話番号:080-2943-4047 (受付時間 7:30AM〜6:30PM)
 相談窓口:原田(はらだ)
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
医療法人十字会野島病院
鳥取県倉吉市瀬崎町2714-1
TEL.0858-22-6231
FAX.0858-22-6843
代表メールアドレス:
info@nojima-hospital.or.jp
──────────────
【受付時間】
午前8時30分〜午後4時
【診療時間】
午前(各診療科外来):
午前9時〜正午
午後(総合外来・眼科):
午後2時〜午後5時 
【休診日】
土曜日、日曜日、祝日
お盆(8月14,15日)
年末年始(12月31日,1月1,2,3日)
──────────────
【診療科目】
脳神経外科外科肛門科整形外科消化器科内科・循環器科・心臓血管外科・神経内科精神科心療内科泌尿器科眼科耳鼻咽喉科形成外科・麻酔科・放射線科リハビリテーション科・婦人科
──────────────
【付属施設】
保育室「のびっこ園」
──────────────
0
3
4
1
5
1
TOPへ戻る